岡山駅西口徒歩3分のオステオパシー・徒手代替療法専門院【ドリーム整体クリニカル】岡山市北区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.086-214-3545

〒700-0024 岡山市北区駅元町8‐24 103号

院長あいさつMessage&guide

院長あいさつ

院長写真

「私の人生もネクストステージを迎えており、当院も1日3~6名限定のパーソナルな施術院に生まれ変わっております」

さて、私は主に3名のメンター(指導者)に知識・技術を授けていただきましたが、残念ながらみな故人となられております。

オステオパシー手技療法の基礎を授けてくださった理学博士は、「治療家は治してなんぼのもの、技術力が一番大切だ」と如何なる権威にも囚われなかった方でした。

細密な身体検証力を授けてくださった医学博士は、「身体の隅々まで根こそぎ洗い出せ」と解剖学・人体構造学的な見立てを追求されていた方でした。

探求し生み出す考案力を授けてくださったオステオパス治療家は、「ヒントはやる、あとは患者の身体の声を聞けば分かるはずだ」と課題を与えては突き放す方でした。

「その方々に教えていただいたものを深化させ、私は現在のスタイルにたどり着きました!」
先人たちが残してくれた徒手テクニックを適正に駆使するとともに、神経経路調整から始まる「施術手順」をNeoオステオパシー・メソッドとして体系化し、飛躍的な効果を生み出しております。

私が目標とする
「真の健康」とは「ホメオスターシスや自然治癒力を発揮できる身体を維持し,
不調が無く心と身体が整合された状態」であり、
「均整な身体」とは「見た目のバランスの良好さだけのことでなく、しなやかな所作・動作を可能にしている身体」であります。
それにより、生活の中で起こる不測の事態に備え「大難が小難、小難が無難」に過ごせる身体をめざしており、それが生活の質QOLを向上させるのだ考えております。

また、専門分野を限定する向きもありますが、施術家は本来オールラウンダーであるべきと考え、様々な不調、衰え・加齢、使いすぎ(オーバーユース)、突発的な故障、スポーツ障害、先天的要因、心の分野、最重度な症例など、多種多様な年齢層(2歳~100歳超)の方までの施術を担当しております。

現在は岡山市に拠点を置く大手企業グループが運営する高齢者福祉施設と連携し、要介護認定の高齢者への施術の取り組みを開始しています。

【日課と趣味のご紹介】
自分の体調を維持するために毎日5km=1時間のウォーキングを日課としており「肩甲骨を動かす
和風ウォーキング」で現在でも人生最高伸長とBMI21をキープしています。
「歩きを変えれば姿勢が変わる。姿勢が変われば心が変わる!」
良い姿勢を維持することが健康な身体と、穏やかな心の源だと考えています。
そして、健康維持の副産物として
定期的な献血をすることを心掛けています。(現在は70歳まで献血可能です)

和風ウォーキング=日本特有の和歩行をベースにした歩行法。エクササイズウォーキングではなく、安楽にしなやかに歩くこと・姿勢を正すことを目的としています。下半身は腸腰筋を使う、大股で歩かない、足底全体で緩やかに着地。上半身は胸郭を動かすために肩甲骨を動かし、腕は肩甲骨の動作により副次的に動く。「足の踏み込み」と「肩甲骨の下方動作」(付随的な腕の動作)は同側で同時になる。これが真の「なんば歩き」だと考えています。

【院長プロフィール】
制作プロダクション勤務等を経て「倉敷チボリ公園」開業プロジェクト参画のため岡山県出資の第3セクター「チボリ・ジャパン株式会社」入社。

スーパーバイザーとして在任中に、腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛・下肢麻痺に陥り、最先端のレーザー手術も受けるが、一時は10メートル歩くこともままならない状態や原因不明の後遺症にも悩まされた。数々の整形外科、鍼灸整骨院、カイロプラクティック院、整体院等で治療を受けていたが改善せず、手術・入退院を繰り返し人生に悲観した35歳の時にオステオパシー療法による治療を受け「10数年ぶりに右足の軽さを体験」。

身体に負担がかからず、副作用の危険性のないオステオパシー療法に感銘を受け「せめて日常生活に支障ない程度まで自分の健康を回復するためには、自分が知識を持たなければ・・・」と治療を受ける傍らオステオパシー医学を東洋オステオパシー学院などにて学修し、最新のテクニックを習得する。

東洋オステオパシー学院(本科及び研究科)在学中に臨床研究のため、
1999年
『岡山オステオパシー研究所』設立。
(この段階では、オステオパシーを生業にしようとは思っておらず、あくまで自分の身体を治すためにオステオパシーの勉強としてボランティアで身体を診させて頂いていました。)

その後、筋エネルギーテクニックを応用した体操療法『オステオパシー運動』を考案し、筋肉の柔軟性を回復することで「小学生以来痛くない日は無かった」、激痛期には「ぎっくり腰級の痛みが365日続いた」という腰痛を克服、激しい運動以外は事欠かないほどに快復し、2年間で約400名・延べ1000名以上の臨床経験を積んだ後、各方面からの開業要望を頂き、岡山駅西口において、
2001年4月8日
『ドリーム整体院』を開業する。(2003.11.7『ドリーム整体クリニカル』に改称)
(私には「痛みのない生活」が夢でした、だから「ドリーム」と冠したのです。)

2002年8月『岡山オステオパシー教室』を併設し、オステオパシーを学ぶ理学療法士/作業療法士/柔道整復師/鍼灸師など後進の教育にも携わっている。
2011年、マニュアルメディスンアカデミー徒手医学アドバンスドコース修了。
2012年、東洋オステオパシー協会・常務理事に就任。


東洋オステオパシー協会公認 A級インストラクター(指導員)
東洋オステオパシー協会公認 オステオパシック・セラピスト
マニュアルメディスンアカデミー公認 アドバンスドセラピスト

セラピスト

院長
(住吉号)佐藤昌志
【ブログにて健康情報を発信中!】
院長のブログ

「セラピスト・ラプソディー♪~真の健康をめざして~」

ブログテーマ
「ドリーム整体クリニカル」

3.受付案内へ➡

代替療法ドリーム整体クリニカルドリーム整体クリニカル

〒700-0024
岡山市北区駅元町8‐24
ヴェルサスライム103号
TEL.086-214-3545
mail:dream.seitai@gmail.com